コンテントヘッド

向日市ひろた整骨院ブログ|3月2017

有痛性外脛骨

投稿日|2017.3.7

外脛骨とは?
外脛骨は健常人の約10%前後の人に見られるもので、過剰な骨1つと考えられています。
その外脛骨部分に、繰り返しストレスが加わり痛みを生じるものを有痛性外脛骨と言います。
主にスポーツ活動が盛んになる小学校高学年から中学生に多く見られます。

原因は?
外脛骨があっても必ずしも痛みが生じるとは限りません。
しかし急に運動量が増えたり、捻挫などをきっかけに後脛骨筋腱によって外脛骨部分が牽引されることによって痛みが生じます。
また外脛骨の突出部が靴で圧迫されて炎症を起こすこともあります。

症状は?
歩行時は軽い痛みですが、練習量の増加やランニング時には足の内側の痛みが増強します。
また、起立した時に足の内側の痛みと、同部位の圧痛が特徴です。
その他、靴による圧迫が原因の場合は隆起部の腫れや痛みがあります。

治療は?
まずは痛みが軽減するまでスポーツ活動を一時中止します。
リハビリは疼痛緩和を目的に消炎鎮痛剤を電気治療を行います。
ほとんどの場合、このように経過を見ることで痛みが和らぎます。
同時に足底板を着用し土踏まずを支えることにより外脛骨部分にかかる負担を軽減していきます。
それでも痛みの強い時は一時的に痛みを緩和するために局所注射をすることもあります。
これらの治療で改善が見られない例では手術治療が必要となる場合もあります。

タナ障害

投稿日|2017.3.7

タナ障害とは、膝関節の中にある滑膜ヒダというものが炎症を起こし、膝関節に痛みを生じる障害です。
このヒダは膝蓋骨(膝のお皿)の内側に棚のように張り出して見えるので”タナ”と呼ばれています。
このタナは正常な人の膝でも約半数に見られ、それ自体は傷害の原因にはならないのですが、スポーツなどで繰り返し膝にストレスが加わったり、打撲などの外傷によって痛みが起こります。
また、タナ自体が異常に大きく厚い場合、膝の曲げ伸ばしの時に膝関節に挟まったり擦れたりして痛みを起こします。
一般には10代の女性に多く見られ、膝の腫れや熱感はありません。
特徴的な症状は膝の曲げ伸ばしの時の“引っ掛かり感”と膝蓋骨の内側の痛み、そして立ったりしゃがんだりするときのパキンという爆発音です。
また症状が長く続いていると膝の筋力が低下し、膝がガクッとなるような膝崩れという症状を伴うこともあります。
治療としては、弾力包帯などで固定を行い、スポーツ活動を中止してできるだけ安静を保ちます。
また筋肉が落ちないように太ももの筋力トレーニングやストレッチ、痛みを和らげる為の電気治療や消炎鎮痛剤の服用なども併せて行います。
しかし、数か月にわたり痛みが良くならない場合や日常生活に支障をきたすようであれば手術を行いタナを切除した方が良い場合もあります。
不明な点がありましたら、スタッフまでご相談ください。

朝焼け

投稿日|2017.3.7

こんにちは!!

受付の加茂です。

最近はだんだんと暖かくなり過ごし易い季節が近づいていますね。

花粉も飛び始め、マスク姿の方もちょこちょこ見かけます。

この間、朝早く目が覚めたので、久しぶりに外を散歩しました!!

太陽がすごく綺麗ですごく清々しい気分になり、一日頑張ろうと思えました!

さて、本日もひろた鍼灸整骨院本日も診療しております。
お身体で気になる所がありましたらご来院下さい。

肉離れ

投稿日|2017.3.4

<肉離れとは?>
走っている最中や、急なダッシュやストップ動作、またジャンプの着地など、強い力が体に加わった際に発症する筋肉の損傷の事を言います。
足の筋肉に起こることがほとんどで、特に太もものの裏の筋肉(ハムストリングス)によく起こります。

<原因>
1、筋肉の柔軟性の欠如(体が硬い)
2、筋力や筋持久力が弱い
3、筋力のアンバランス(裏側と表側の筋肉や、右足と左足の力のバランスなど)
4、ウォームアップや、ストレッチの不足
5、ランニングフォームやキックフォームなど間違いや乱れ

<治療>
まずはRICE処置を1~3日継続的に行い、幹部の炎症と腫れを抑えます。この処置をできるだけ早く、確実に行い、皮下出血などによる腫れを最小限に留めることが、早く治す為に最も重要な事と言えます。
そしてもう一つ大切な事は、筋肉がどのくらい傷んでいるのかを、出来るだけ正確に把握する事です。
この損傷の程度によって治療期間が変わってきます。
損傷の程度は大きく分けてI度(軽症)、II度(中等症)、III度(重症)の3種類に分けられます。
ストレッチ角度や、超音波検査によって損傷の程度(I~III度)を確認します。
また、これを定期的に行う事でスポーツ復帰の時期を決めることができます。
だいたいI度(軽症)では2~3週、II度(中等症)では4~6週、III度(重症)では、1ヶ月以上治療が必要になります。
治療中に無理をしてスポーツを行ったりすると、症状が悪くなり、治療期間が長引くことになるので注意してください。
リハビリは主に、マッサージ、やストレッチ、そして痛みの状態を確認しながら筋力トレーニングを行います。
RICE処置が終わった後は温熱療法も行い、出来るだけ血行を良くします

分からないことがあれば何でもご相談下さい。

肋骨骨折

投稿日|2017.3.4

◎肋骨とは?
肋骨は全部で24本ある胸の骨です。
両側に12本ずつあり、少しの衝撃でも思いがけずヒビの入る比較的弱い骨です。

◎発生原因は?
胸や背中を強く打撲した場合や、胸部を前後あるいは左右から強く圧迫された時に起こります。
また、ゴルフ等のスポーツにより肋骨に負担がかかり、疲労骨折を生じることもあります。
なお、加齢により骨がもろくなってきた方(骨粗鬆症)は、くしゃみや咳でも生じることがあります。

◎症状は?
胸や背中の痛みです。
特に笑った時や咳をしたとき、深呼吸した時に痛みが増強します。
また、胸部を前後もしくは左右から圧迫した場合に痛みを生じます(介達痛)と言います。

◎診断方法は?
レントゲン撮影により診断します。
ただし、肋骨の中でも軟骨成分でできている部分に骨折を生じるとレントゲンには写らないので、その場合には、上記症状により診断します。

◎治療法は?
バストバンドという胸部を固定する簡単な装具を用いるのが一般的で、症状に応じて痛み止めや湿布薬を使用します。

◎治療期間は?
個人差はありますが、大抵痛みは1週間目をピークとして徐々に和らぎ4~6週間ほどで完治します。

ご不明な点等がございましたらお気軽にスタッフまでお尋ねください。

1 2 3 4 5 6 7
ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る