コンテントヘッド

向日市ひろた整骨院ブログ|5月2018

「死亡による逸失利益」  各論⓷  【向日市 鍼灸整骨院】

投稿日|2018.5.29

事業所得者、家事従事者、幼児など年少者・学生、無職者について「死亡による逸失利益」の算定基準をみてみます。
事業所得者を除いて、他はすべて原則として賃金センサスの平均額を基礎として算定します。

*事業所得者の場合、実収入額を基礎に算定
事業所得者については、原則として事故前の申告所得を基礎として算定しますが、この場合にも実収入額が賃金センサスの平均額以下の場合、
被害者に将来賃金センサス平均程度の賃金を得られる可能性が認められれば、賃金センサスの平均額を基礎として算定します。
⓵申告額よりも実際の収入額の方が高いことを立証することができる場合には、実収入額を基礎として算定します。
⓶個人事業所得者の所得が、資本利得とか家族の労務とかの総体のうえで形成されている場合には、事業収益の中に占める被害者個人の寄与分が
 逸失利益算定の基礎となります。
 例えば、夫婦2人で飲食店を経営していた場合、夫の寄与分60%だと仮定しますと、夫の基礎収入は年収の60%となります。
⓷無免許事業について、事業内容が公序良俗に反しない限り、逸失利益を認めた例もあります。なおこの場合には、認められても収益の確実性や
 永続性が不安定であることなどを理由に減額される可能性が高いといえます。

*家事従事者の場合も賃金センサスで
⓵賃金センサスの女性労働者の平均賃金を基礎とする場合に、賃金センサス第1巻第1表の産業計、企業規模計、学歴計の平均給与額が使用されます。
 その表の中の「全年齢平均賃金」をとるか「年齢別平均賃金」をとるかについては確定されていませんが、有利な方を選択してかまいません。
⓶有職主婦の場合には、賃金センサスの女性労働者の平均賃金と現実の収入額とを比べて、多い方を基礎とすることができます。
 なお平均賃金以下の収入がある場合に、その現実の収入と賃金センサスの女性労働者の平均賃金とを合算して基礎収入にすることができるかどうか
 については争いがあり、否定的な見解の方が強くなっています。

*幼児や学生の場合も原則として賃金センサス
事故当時収入を得ていない幼児や学生も、原則として賃金センサスの平均賃金を基礎として算定します。
⓵年少者(18歳未満)の逸失利益の算定方法は、次の2通りがあります。
 (a)賃金センサスの全年齢平均賃金を基礎として、ライプニッツ係数を用いる方法で、主として東京地裁で使用されています。
 (b)賃金センサスの18~19歳の平均賃金を基礎として、新ホフマン係数を用いる方法で、これまで大阪地裁や名古屋ちさいで使用されていました
  (平成12年1月以降は、上の(a)の東京方式で統一されることになりました。)
⓶すでに大学生であったり、短大や大学への進学が確実視されている被害者については、賃金センサスの短大卒もしくは大学卒の平均給与を用いる例が多いようです。
⓷被害者が医学部の学生、看護学校の生徒など、将来特定の職種に就職する可能性が高い場合は、その職種の平均賃金を基礎とすることもできます。
⓸女児の場合について、男女同等に扱われる社会基盤が形成されつつあるとして、全労働者の全年齢平均賃金をもとに逸失利益を算定する裁判例も現れており、注目されます。

*無職者の場合、労働意思の有無で算定
無職者であっても、交通事故時に通常の労働能力を有しており、しかも労働意思があるような場合には、賃金センサスを基礎に算定します。
⓵68歳以上の高齢であっても、労働意思が認められれば逸失利益の損害を認められますが、大幅に減額されることになります。
 ●無職の男性(71歳)について、賃金センサスの男性労働者65歳の平均給与の2分の1の金額を5年間認めた裁判例があります。
⓶賃金センサスによる逸失利益の算定方法は、「家事従事者」での説明と同じです。

アメリカンフットボールの反則問題について

投稿日|2018.5.27

こんばんは。

向日市 ひろた鍼灸整骨院 院長の廣田です。

私は以前勤めていた整形外科の御縁で関西大学第一高校のアメリカンフットボールのトレーナーを長い間させて頂いています。
アメリカンフットボールに携わって15年です。最初に見た試合は関西大学対関西学院大学の試合でした。ルールもわからず、なぜ防具しているのか?どこが面白いの?などわからないことがわからない状態でした。今ではルールもわかりますし簡単な戦術なども理解しています。アメフトをこよなく愛する人間の一人です。

今回の日本大学の反則の件でアメリカンフットボール自体のイメージダウンになり、競技人口の減少や更なるマイナー化につながらないことを切に願っております。
アメリカンフットボールに携わっている人間はアメリカンフットボールを愛し楽しさを伝えたり競技人口が増えるように努力し少しでもメジャーなスポーツになれるように日々頑張っています。

最後に関西学院大学アメリカンフットボール部監督鳥内監督のコメントです。
鳥内監督
「何度も流れている危険なタックル映像がフットボールじゃない。分業制があり、いろんな役割があり、自分らで考えることができるから楽しい。知恵を絞りコミュニケーションが取れる。奥深く面白いものなんです」
 フットボールを本当に愛する人の心の叫びである。

ハッピーのおすそ分け((⋈◍>◡<◍)。✧♡)

投稿日|2018.5.24

こんにちは、受付の上手です。

お久しぶりにブログを書きます。
皆さん、お元気ですか❔ 私も毎日元気に過ごしていますが
母親は気温の変化に敏感で体調がすぐれないと困っていますが
皆さんの体調は大丈夫ですか❔
何か違和感や痛みを感じた時は、無理せず悩まず
ひろた鍼灸整骨院へご相談下さい。

毎日の愛犬の散歩で、いっぱいの🍀を発見したので
今回も、皆さんにも幸せが訪れますように( ^ω^)・・・🎶
 

梅雨の前に日光消毒

投稿日|2018.5.24

おはようございます、受付の長谷川です。
今週の天気予報は晴天が多いようですね(^-^)

梅雨入りする前に、家族全員の衣類や布団を干そうと奮闘中です。
紫外線に30分当てるだけで強い菌も死滅するそうです。
先日は全室のカーテンを洗濯し終えました。
あと、着物の『虫干し』も忘れないようにしないと(;^ω^)

本日「ひろた鍼灸整骨院」診療しております。
お身体で気になる所がありましたらご来院ください。
スタッフ一同お待ちしております。

「死亡による逸失利益」 各論⓶  【向日市 鍼灸整骨院】

投稿日|2018.5.17

給与所得者の「死亡による逸失利益」を算定するには、原則として事故前の現実の収入額を基礎とし、場合によっては
賃金センサスの平均額を基礎とすることは前に説明しました。ここではその具体例をみてみます。

『具体例』 給与所得者の場合・・・事故前の年収を基礎に算出
➊ 妻と子供が2人いるサラリーマンのAさん(死亡時48歳)は、事故前の税込の年収が700万円でした。Aさんの死亡による
  逸失利益は、次のように算定します。
  『就労可能年数  19年、それに対する新ホフマン係数  13.116、ライプニッツ係数  12.085』となっています。
  ※東京地方裁判所ではライプニッツ係数が採用され、平成12年1月以降に終結の裁判では、ほとんどの裁判所が東京方式で統一される
   ことになりました。

  次に、生活費控除の割合がどれくらいかをみますと、Aさんは、一家の支柱ですから30~40%とされます。扶養家族は全部で3人ですから、
  低めの30%が妥当でしょう。計算式は以下のとおりです。
    700万円×(1-0.3)×12.085=5921万6500円
  Aさんの死亡による逸失利益は5921万6500円となります。

➋ 独身でアルバイト中のB子さん(短大卒、死亡時24歳)は、事故前の税込の収入が240万円でした。B子さんは、短大卒業程度の再就職を
  探しながら、この間アルバイト中でした。B子さんの死亡による逸失利益は、次のように算定します。
  B子さんの年収は、アルバイト収入のため収入が低いと思われますので、賃金センサスの女性労働者の平均賃金と比べてみます。

〇 賃金センサスの女性労働者の平均賃金の算定方法
  ⓵賃金センサスの女性労働者学歴計の最上段の欄を見ると「年齢 40.7歳、勤続年数 9.3年、決まって支給する現金給与額(月給分)26万2700円、
   年間賞与その他特別支給額 60万9900円」となっています。
   これは、女性労働者の「全年齢平均賃金」と呼ばれるものですが、これに基づいて基礎給与を算定します。
      26万2700円✕12+60万9900円=376万2300円となります。
  ⓶次に、B子さんは短大卒ですので、短大卒に基づく収入を得られた可能性があります。賃金センサスの女性労働者学歴計の上から4段目の欄を見ますと
   「区分 高専・短大卒」という欄に、「年齢40.5歳、勤続年数9.7年、きまって支給する現金給与額(月給分)27万4100円、年間賞与その他
   特別給与額 67万9700円」となっています。
   これは、女性労働者の「短大卒の全年齢平均賃金」と呼ばれるものですが、これに基づいて基礎給与を算定しますと、
      27万4100円✕12+67万9700円=396万8900円となります。
  ⓷また、この「区分 高専・短大卒」という欄に「区分 20~24歳、年齢22.7歳、勤続年数 1.9年、きまって支給する現金給与額(月給分)21万
   4300円、年間賞与その他特別給与額33万1200円」となっています。
   これは、女性労働者の「短大卒の年齢別平均賃金」と呼ばれるものですが、これに基づいて、基礎給与を算定しますと
        21万4300円×12+33万1200円=290万2800円となります。
   裁判例を見ますと、この3つの計算方法のうちのどれかが使用されており、どの計算方法を取るのか決まっていませんが、B子さんの現実の年収240万円は、
   賃金センサスの女性労働者の平均賃金より少ないことが分かりますので、ここでは平均賃金のうち最も有利な「短大卒の全年齢平均賃金」396万8900円
   を、B子さんの基礎収入として算定します。
   次に生活費の控除の割合ですが、女性の場合30~40%となっています。ここでは、請求する側ですので低めの30%が妥当でしょう。計算式は、以下のとおりです。
         396万8900円×(1-0.3)×17.546=4874万6823円
   B子さんの死亡による逸失利益は、4874万6823円となります。

1 2
ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る