コンテントヘッド

向日市ひろた整骨院ブログ|3月2017

向日市むち打ち治療

投稿日|2017.3.11

向日市交通事故治療   【向日市 整骨院】

投稿日|2017.3.11

向日市交通事故治療についてです。

治療には健康保険が使えます!(自賠責保険以外の社会保険も活用しよう)

*病院では自由診療から健康保険に切り替えましょう
交通事故の治療は、原則として自由診療で行われます。(被害者が医療機関の窓口に保険証を
提示するまでは自由診療で精算されます。)
治療費は、労災保険が適用されるケース以外、出来るだけ早く健康保険に切り替えることをお勧めします。

*健康保険診療で治療費を抑える・・・その理由
・自由診療で治療費が自賠責保険の限度額を超えた場合に、加害者が任意保険に加入していなかったり
資力がないと超過分を相手から回収できないリスクとなります。
・被害者も自分の過失は問われます。自由診療では治療費の全額を損害として計上しますが、保険診療なら過失相殺が
なされるのは、3割の窓口負担分に対してだけ。過失割合が大きくても影響を受けにくくなります。
・治療が長期化し結果的に治療費が120万円を超えると、保険会社から治療費の打ち切りや出し渋りをされる場合も
あります。保険会社との交渉をしやすくするためにも、健康保険で医療費を抑えることが有効です。

自賠責保険は、【治療費➡休業補填・通院交通費➡慰謝料】という支払い優先基準があります。
健康保険診療であれば、治療費を低く抑え、3割の窓口負担分のみを自賠責に請求するので、120万円という限度額を有効に使えます。
治療費は加害者の保険で支払われるからと安易に考えていると、思わぬ不利益を被ることになります。

*交通事故で健康保険を使うには
⓵医療機関への申し入れ
事故後、診察に健康保険を使用したい旨を明確に意思表示しましょう。初診時に被保険者証を提示できなかった場合でも、医療機関によっては初診から
の健康保険対応を認めてくれるところもあるので、できるだけ早期に申し出るようにしてください。
⓶「第三者行為による傷病届」を保険管掌者に提出
自分が被保険者となっている健康保健所事務所(健康保険組合、国民健康保険窓口、社会保険事務所など)へ、必ず本人が提出します。
すぐに届出書を提出できないと時は、電話などで連絡し、後日できるだけ早く正式書類を提出するようにしましょう。

3月18日(土)診療時間変更のお知らせ

投稿日|2017.3.11

おはようございます、受付の長谷川です。
IMG_9550

3月18日(土)
誠に勝手ながら診療時間を変更させていただきます。
診療時間
8:00~15:30
お間違えのないようご注意ください。

『卒業記念公演』

投稿日|2017.3.11

おはようございます、受付の長谷川です。
いつまでも寒いですね(;´・ω・)

先日、わが子の通っている中学校で『卒業記念公演』が開催されました。
英語教科書にも掲載されている落語家の方が来られるとの事で、私も公演に参加しました。
落語家の方ってすごいですね。
思春期真っ只中の中学生が、静かに落語を聴けるのか少し心配ではありましたが、
高座に座り、語り始めてすぐ、会場全体を引き込みました。

日本のみならず海外公演も行っているそうで、
異文化交流でのハプニングを面白おかしく語ってくださり、
最期は『英語落語』を聴かせていただき、とても楽しい時間を過ごせました(#^.^#)

「ひろた鍼灸整骨院」本日も診療致しております。
お身体で気になる所がありましたらご来院ください。
スタッフ一同お待ちしております。

シンスプリント   【向日市 整骨院】

投稿日|2017.3.9

シンスプリントは走ったりすることにより繰り返される慢性的な刺激が下腿に加えられて生じるもので、脛骨過労性骨膜炎ともいわれています。

一般に陸上競技の選手やランニング・ジャンプをよくするバスケットボールやバレーボール選手に見られるスポーツ障害です。

すねの内くるぶしから10センチ上の場所に痛みがあり、指で押さえると飛び上がるほどに痛い事もあります。

初めはランニング時のみに痛みを感じますが、進行すると練習後でも痛みがあり、歩くのも痛くなってくるのが特徴です。

原因は?
1、急激に練習量が増えた。

2、スピードトレーニングを行った。

3、ふくらはぎのストレッチングや下腿の筋力トレーニングを十分行わなかった。

4、ランニング時の足の動きに異常があって下腿内側の筋肉に負担がかかり過ぎた。

5、ランニングシューズの衝撃吸収性が悪い。

6、舗装道路などの硬い路面でのランニングが増加した。

治療
電気治療や運動療法によりほとんど治りますが、症状の軽いうちに練習量を少なくするか、完全休養とし、何処に原因があるのかを検討して、その原因を取り除くことが大切です。

ずるずると原因を考えることなく練習を続けると慢性化し、非常に治りにくくなります。

また、踵や土踏まずに足底板を入れたり、自分で練習終了後などに氷でアイスマッサージを行う事も効果があります。

治った後もふくらはぎのストレッチングや下腿の筋力トレーニングを十分行って、再発に注意しましょう。

1 2 3 4 5 6 7
ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る