肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

肉離れ(2019.8.19)

肉離れとは?

走っている最中や、急なダッシュやストップ動作、またジャンプの着地など、

強い力が体に加わった際に発症する筋肉の損傷の事を言います。

足の筋肉に起こることがほとんどで、特に太ももの裏の筋肉(ハムストリング)によく起こります。

 

原因

・筋肉の柔軟性の欠如(体が硬い)

・筋力や筋持久力が弱い

・筋力のアンバランス(裏側と表側の筋肉や、右足と左足の力のバランス)

・ウォームアップや、ストレッチの不足

・ランニングフォームやキックフォームなどの間違いや乱れ

 

治療

まずはRICE処方を1~3日継続的に行い、患部の炎症と腫れをおさえます。

この処方をできるだけ早く、確実に行い、

皮下出血などによる腫れを最小限に留めることが、

早く治すために最も重要なことと言えます。

そしてもうひとつ大切なことは、筋肉がどのくらい傷んでいるのかを、

できるだけ正確に把握することです。

この損傷の程度によって治療の期間が変わっていきます。

損傷の程度は大きく分けてⅠ度(軽傷)、Ⅱ度(中等症)、Ⅲ(重症)の3種類に分けられます。

ストレッチの角度や、超音波検査によって損傷の程度(Ⅰ~Ⅲ度)を確認します。

また、これを定期的に行うことでスポーツ復帰の時期を決めることができます。

だいたいⅠ度(軽傷)では2~3週間、Ⅱ度(中等症)

では4~6週、Ⅲ度(重症)では1カ月以上治療が必要になります。

治療中に無理をしてスポーツを行ったりすると、症状が悪くなり、

治療期間が長引くことになるので注意してください。

リハビリは主に、マッサージやストレッチ、

そして痛みの状態を確認しながら筋肉トレーニングを行います。

RICE処置が終わった後は温熱療法も行い、できるだけ血行を良くします。

リハビリ期間のトレーニングについては、症状に合わせてリハビリスタッフがメニューを考えます。

 

分からない事があればなんでもご相談ください。

膝・股関節人工膝関節置換術(2019.8.16)

変形性関節症や関節リウマチにより膝のつらい痛みが続き

リハビリテーションや関節注射でも症状がよくならない方が対象になります。

 

術後の日常生活の注意

あぐら座りや、横座り、立膝の姿勢などはいけません。

できる限り椅子に座るか足を延ばしたまま投げ出すように座るのが望ましいです。

また、重労働や負担の大きいスポーツは人工関節を早く痛めてしまいます。

体重の増加も膝に負担がかかるので気をつけましょう。

 

・退院後のリハビリテーション

運動療法が中心となります。特に膝の曲げ伸ばし訓練と太ももの筋力トレーニングは重要です。

また手術した部分が安定期に入るまではリハビリの後に膝が熱を持ちますので

氷などで冷やすようにします。マッサージ治療や電気治療などは引き続いて行ってもらっても

全く支障はありませんがマイクロ波治療は人工関節が熱を帯びてしまい大変危険なので

絶対してはいけません。それ以外に生活上やリハビリテーションをしていくうえで分からない事

してはいけないことなど、なんでもリハビリスタッフにご相談ください。

 

膝蓋骨骨折(2019.8.16)

膝蓋骨って?

膝蓋骨とは膝関節に蓋をしている骨で、膝関節の保護や

円滑な屈伸動作、膝を伸ばす筋肉の伝達など非常に重要な役割を担っています。

いわゆるお皿と呼ばれる骨です。

 

膝蓋骨骨折とは

転倒した際などに膝蓋骨を直接打った時1番多く骨折します。

骨折のタイプも様々で中には手術となるタイプもあります。

最初のレントゲンでは骨折がはっきりしないものもあり、治療を間違うと

正座ができないなどのADL障害がでてくることもありますので

しっかり見極めて治療していきましょう。

 

症状

関節の中の骨折なので関節に血がたまり腫れる

痛くて歩けない・膝の曲げ伸ばしができないなどです。

 

治療

保存療法

骨折部分が大きく離れていなく、骨折線が単純なものが適応となります。

治療は骨折部分が離れてしまわないように太ももの真ん中あたりから足首の上まで

膝を軽く曲げた姿勢でギプス固定を3~4週間行います。

ギプスが外れたら筋力強化や足の曲げ伸ばしの訓練をしていきます。

 

手術治療

骨折部分が大きく離れているもの、粉砕骨折などが適応となります。

治療は離れた骨折部分をつなぎ合わせる手術が主流です。

 

ギプス固定の例

固定中でも強く踏ん張ったり、転倒してしまうと

骨折がひどくなることもあります。

十分気を付けてください。

腰部脊柱管狭窄症(2019.7.19)

腰部脊柱管狭窄症とは?

背骨にある脊柱管を通る馬尾神経が骨の変形や

周囲の靭帯の肥厚によって圧迫されることにより

生じる病気です。

 

症状は?

歩いたり長い時間立っているとだんだん足がしびれたり

痛くなってきて、ついにはしゃがみこんでしまいます。

一休みするとしびれや痛みが消え、再び歩き出すことができます。

それは立ち歩くことによって脊柱管が狭くなり、

前かがみでしゃがむことによって脊柱管が拡がるためです。

そこで手押し車に乗れば自然に腰は、前に曲がり症状は出にくくなります。

 

治療は?

リハビリでマッサージや電気治療など痛みを和らげる治療を

行ったり固まっている筋肉をストレッチ体操で伸ばします。

また神経の血流をよくするお薬を用います。

リハビリや投薬治療でしびれはよくなりますが

どうしても楽にならない場合はMRIなどで詳しく検査を行い、

脊柱管を拡げる手術を考慮します。

基本的には腰の骨の変形による病気ですので完全には治りにくいですが

ほとんどの場合が保存的な治療で症状は緩快しますので

がんばって治療していきましょう。

 

不明な点等ございましたらお気軽にスタッフにご相談下さい。

半月板損傷(2019.6.22)

半月板とは弾性に富んだ線維軟骨でできていて、膝関節の内側、外側のすきまにあり、関節の適合性をよくして安定性を与え、荷重ストレスを吸収分散するクッションの役目もしている三日月形のものです。この半月板は膝にひねりが加わるスポーツによる外傷で発生することが多く、外側半月板損傷は生まれつき半月板が大きい場合(円板状半月板)に発症することが多いのが特徴です。

症状は??
膝関節部の運動痛、膝が伸びない・曲がらないといった症状がでたり、引っかかり感、歩行時に膝が崩れるような感覚を覚えたりすることがあります。

治療は??
・生活指導
痛みを我慢して無理をするのはやめましょう。つまり、スポーツであれば運動レベルを下げ、膝に過大な衝撃がかからないように注意することです。
・薬物療法
・運動療法
膝が痛くて動かさないでいると筋力が低下します。すると、膝の安定性が低下し、膝へに負担が増加するという悪循環になってしまいます。太ももの前面にある大腿四頭筋、膝の周囲にある筋肉を鍛えることで、膝関節の負担を減らし、痛みを和らげることができます。
また、リハビリ期間中に正しいジャンプや切り替えし動作を訓練し身に付けることが重要です。
・手術療法
保存療法を行い効果が得られない場合はMRIなどの検査を行い、その結果で関節鏡視下手術が必要となる場合があります。
いずれにしても早期発見・早期治療が重要です。


上記のような症状に思い当たることがあればお気軽にスタッフにご相談ください。
1 2 3 4 5 6 31
コンテントヘッド
top へ戻る