コンテントヘッド

向日市ひろた整骨院ブログ|3月2017

頚椎椎間板ヘルニア 【向日市 鍼灸整骨院】

投稿日|2017.3.15

<頚椎椎間板ヘルニア>
頚椎の椎間板は、頚の骨を支えたり、衝撃を吸収したりといった役割を果たしていますが常に頭部の重みや様々な動きによりストレスにさらされています。

そのような状況下で、椎間板の外層にあたる繊維林が徐々に緩んでいき、外傷などの瞬間的な」外力や長時間同じ姿勢をするなどの慢性的なストレスにより中心にある髄核が突出し、

神経を圧迫してしまうため、頭部や上肢に痛みや痺れといった症状が出現します。

<症状>
・頚部や肩甲骨周辺の痛み、片方の上肢への痛みや痺れ

・頚部の動作時の痛み

 特に、うがいや目薬をさすなど、上を向く動作で痺れや痛みが増強されます。

・時には痛い方の手を頭の上にのせるような独特な姿勢で症状が緩和されたりもします。

<検査>
レントゲンや症状により、ある程度障害されている神経の予測はたちます。

しかし、症状が強い場合など詳しい検査が必要な場合はMRI検査をし、ヘルニアの大きさなどを確認します。

<治療法>
急性期は痛みが強いことが多い為、鎮痛剤を服用したり、頚椎カラーにて安静を図ります。

痛みが落ち着いてきたら、頚の周囲の筋肉をほぐす為に牽引治療やマッサージ治療を行います。

日常生活動作では、痛みを誘発する姿勢をなるべく避けて頂きます。

例えば頚を後ろへ反るような姿勢では寝ない事や長時間同じ姿勢で机に向かったりしないといったことです。

<予後>
頚椎カラーやリハビリにて症状が改善されることがほとんどです。

しかし、治療を続けていても痛みが緩和されず日常生活や仕事に大きく支障をきたしてくる場合は手術療法を選択する場合もあります。

向日市交通事故治療  【向日市  整骨院】

投稿日|2017.3.14

交通事故についてです。

「第三者行為による傷病届」
健康保険で治療費を立て替え、加害者に請求します。

*「第三者行為による傷病届」
交通事故に限らず、第三者の行為(本人に責任がなく、他の誰かに原因がある)によって負傷した
被害者が、健康保険で診察を受ける際には、必ず提出しなければなりません。
健康保険を使うということは、本来、加害者(第三者)が負担すべき損害賠償費用(治療費)を、
健康保険が代わりに支払うということです。その立て替え分を、保険者から加害者(交通事故の
場合、保険会社)に直接請求することになります。

※交通事故の当事者だけで示談してしまうと、健康保険の正当な請求ができなくなることがあります。
示談は慎重に、特に治療の必要がある場合は、必ず自分が被保険者となっている保険者へすみやかに
連絡することが重要です。

手根管症候群

投稿日|2017.3.13

<手根管症候群て何?>
手首のところで神経が圧迫されて起こる病気です。

手のひらの親指側半分を支配する神経は手首にあるトンネルを通ります。

しかし、手をよく使う方や骨折して手首の形が変わってしまった人などでは、トンネルが狭くなってしまい、神経を圧迫することが原因で発症します。

男性よりも女性に多く、年齢は妊娠出産期と閉経期に多いと言われています。

<どんな症状が出るの>
早朝や起床時に特に強い指先の痛みや腫れが多く、ボタン掛けや硬貨・紙幣のつまみが不自由になるなどの症状が出ます。

<どんな治療があるの?>
☆保存的治療(手術をしない治療)

ステロイド注射や消炎鎮痛剤の使用、神経の圧迫を軽減させるための装具による固定療法、ビタミンb12(神経修復薬)・末しょう循環改善薬の内服などがあります。

☆手術治療☆
上記の保存的治療が無効でしびれや痛みが強い場合や、母指球筋(手のひら側の親指の付け根にある筋肉)

の萎縮がある場合にすることがあります。

手術では神経圧迫している原因を取り除きトンネルが広くなるようにします。

湿布について  【向日市整骨院】

投稿日|2017.3.13

湿布とは?
湿布は、腫れや炎症を抑えるためによく使われる昔からの療法です。

大別すると、冷湿布と温湿布の2種類に分けられます。

主に筋肉の緊張を和らげる目的で用いられる他、打ち身・捻挫・関節痛などの治療の為にしようされます。

冷湿布と温湿布の違いは?
冷湿布も温湿布も効果は同じ消炎鎮痛剤です!

共に冷却効果、加熱効果はありません。

冷湿布はメントールの作用で冷たく感じ、温湿布は唐辛子エキス(カプサイシン)の作用で暖かく感じます。

冷湿布と温湿布どちらがいいのか?
結論から言うと患者さんのお好きな方を貼ってください。

ただ科学的な根拠はないのですが温湿布の方がかぶれやすい傾向がありますので冷湿布をお勧めします。

副作用は?
毎日、長時間、湿布を貼っていると皮膚が赤くかぶれることがあります。

湿布の効果は12時間程度ありますが、かぶれることを考慮すると4時間程度ではがすことをお勧めします。

お風呂上りに行うと効果的!!
お風呂で身体を温めた後は血液の循環が良くなり、湿布の効果が増加します。

なぜ一流の男の腹は出ていないのか?

投稿日|2017.3.13

おはようございます。

向日市ひろた鍼灸整骨院 院長の廣田です。

IMG_0081

【なぜ一流の男の腹は出ていないのか?】

自宅のダイニングテーブルに置いてありました。

妻からの無言のメッセージだと思いお腹をすっきりさせたいと思います。

お腹が出ている人が痩せなさいと
言っても説得力がないですよね?

1 2 3 4 5 6 7
ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る