肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

交通事故、病院へ通うべき?    【交通事故治療】

投稿日|2016.11.7

ひろた鍼灸整骨院   院長の廣田です。

交通事故、病院へ通うべき?

【身体をぶつけた?そういう時は病院へ!】

自賠責保険が適用されるのは人身事故のみ

事故の実況見分では、警察から人身事故扱いにするか・物損事故扱いにするかを聞かれます。

交通事故直後は、興奮と動揺で自分の体の痛みに気付かず、物損事故扱いにしてしまう場合がありますが、

自賠責保険は人身事故にしか適用されないので注意しましょう。

少しでも不安要素があれば人身事故扱いにすることです。自賠責保険で損害賠償を受け取れなければ、

治療費は自分で支払うことになります。

物損事故扱いにした後で病院へ行った場合

①診察で以上が判明した場合、医師に「警察へ提出するための診断書」を書いてもらう。

②事故発生場所を管轄する警察署へ、医師の診断書を提出。

※事故日から受診日までの間隔が短ければ、警察で変更が認められる場合があります。

※「交通事故証明書(物損)」と「人身事故証明書入手不能理由書」を一緒に提出することによって保険金の請求が認められる場合もあります。

後遺症に気を付けましょう

交通事故では、外傷はなくても、車体が激しく揺れた際に身体も思わぬ方向へ動かされています。

時間が経ってから、むち打ち症状が出たり、肩こりや腰痛、頭痛など一見、交通事故とは関係ないかのような症状がまとめて起こることもあります。

後遺症状が出た場合、事故との因果関係が認められなければ、損害賠償を問うこともできません。

早目に診察を受けることが大切です。

▶交通事故で怪我をした旨を病院に伝えることが重要です。

レントゲン撮影写真や診断書は示談のときに必要なので必ず受け取りましょう。

病院へ通った証拠になるだけではなく警察や事故を起こした相手に提出する書類にもなります。

コンテントヘッド
top へ戻る