肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

踵骨骨端炎(Sever病) シーバー病

投稿日|2018.11.9

 踵骨骨端炎は、活発に運動している10歳前後の男子に多く見られる、かかとの後ろが痛くなる病気です。
 成長段階の学童期のかかと骨の軟骨部分は非常に弱い構造になっています。そのため、
筋肉の使いすぎによってかかと骨についているアキレス腱がその部分を引っ張ってしまい痛みが出てきます。
 痛みが出る時は、運動をしているときや運動が終わった後など様々で、痛みが強くなるとかかとを浮かせてつま先立ちで歩くこともあります。
他にも、かかとの後ろを押さえると痛みがあったり、時には腫れたり熱を持つこともあります。
 治療としては、しばらくの間激しい運動を中止して、痛みがひくまでそこが厚くて柔らかい靴を履くようにしてください。
また、痛みが出ないようにかかとの部分を高くするパットを靴の中に入れたりします。痛みが少し落ち着いてきたら、
ふくらはぎのストレッチを行います。電気治療や痛み止めの薬、シップなども痛みを和らげる良い方法です。
一般的に経過は良く、成長とともに痛みも消えていきますが、きちんと治る前に運動を始めてしまうと、
また痛みが出るので注意してください。

不明な点がありましたら、スタッフまでご相談下さい。

ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る