肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

踵骨骨折

投稿日|2018.11.9

 踵骨という骨は二足起立、歩行の時にはこの狭い部分で全体重を支え、重心を一定に保つ重要な骨です。
また、踵骨はたいへん重要な骨にも関わらずいったん壊れるとなかなか元通りになりにくい性質を持っています。
 踵骨骨折は、主に30~50歳の大工・左官・トビ職など高所で作業する人に多く見られ好悪所からの墜落、飛び降り、階段からの転落、交通事故によって起こることが多いと言われています。

症状
骨折の症状は激しい痛みのため立つことや、歩くことができなかったり
くるぶしの下のほうがひどく腫れたり、皮下出血のため赤紫色になったりしますが、
このような症状は数カ月である程度はおさまります。しかし、踵骨の上には距骨という骨があり、
この間で距踵関節という関節を作っています。この関節は凸凹道等を歩くときに重要な役割を果たしているため、
骨折がこの関節まで及ぶと歩くときに不快な痛みをいつまでも残すことがあります。

治療方法
この骨折は骨折の仕方、程度によって治療方法が変わっていきます。
比較的軽い場合は徒手整復の後にギプス固定を行い、その後運動療法を行っていきます。しかし、程度の
ひどい場合等は手術療法を必要とすることもあります。それでも踵の痛みが続く場合は踵への負担を
軽くするための足底板等の装具療法がありますのであせらず治療していきましょう。

この疾患について不明な点がありましたらスタッフにご相談下さい。

ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る