肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

膝蓋骨脱臼・膝蓋骨不安定症

投稿日|2018.11.16

膝蓋骨脱臼とは
膝蓋骨が正常な位置から外側に外れることを言います。

原因
大きく分けて、先天的に膝蓋骨の不安定性があるものと、一回の外傷により発生するものとに分けられます。
不安定性の原因としては、膝蓋骨の形・位置に異常がある場合や、膝蓋骨がおさまる大腿骨の形に異常がある場合が考えられます。
外傷では膝を曲げた状態で、力をいれたり、踏ん張ったりしたときに大きな力がかかって発症します。例えばジャンプの着地や、ダッシュ時からの急なストップ動作中に起こります。またはスポーツ中に人とぶつかったりした際に起こることもあります。

症状
不安定性によるものでは、膝がガクッと崩れるような不安定感があります。
外傷によるものでは膝の強い痛みと腫れがあり、膝の内側に強い圧痛を認めることもあります。

治療
不安定性によるものでは、膝蓋骨が外側に移動しにくくするパッドがついたサポーターをして、膝を安定させます。
さらに大腿四頭筋の筋力強化をします。外傷性ではギプス固定を約2週間行います。
またサポーターをして筋力増強訓練を行います。通常は4~6週間で症状は落ち着きます。
しかし、しばらくしても症状が変わらない場合や、再脱臼をよく繰り返してスポーツや日常生活に支障が出る場合は、
手術をして膝蓋骨が脱臼しないようにする方法もあります。
膝蓋骨が脱臼を繰り返すと、膝蓋骨の裏の関節軟骨に傷がついたり、骨折を起こしたりすることもありますので注意が必要です。

もし不明な点がありましたら、スタッフまでお気軽にご相談下さい。

ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る