肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

母指CM関節症(向日市 整骨院)

投稿日|2017.5.23

親指の変形性関節症(CM関節症)は手関節の親指側の痛みの原因として、特に中年以降の女性に頻度が高い疾患であり、高齢社会に伴い徐々に増加傾向にあります。

母指は物を把持するために、日常生活において、また仕事上においても、他指との対立運動で必ず使用します。

したがって、この母指CM関節の変形性関節症による機能障害が、日常生活動作や就業に影響します。

症状は??
親指の付け根の疼痛、腫脹、そして症状進行とともに不安定性、握力低下、つまみ低下を訴え、運動時には捻髪音を認めることがある。

特に瓶のふた開け、ドアのノブの操作時、和ばさみ、ホッチキス使用時、キーなどの施錠操作時に症状は増悪する。

外観的には、親指の付け根辺りで腫れて変形が見られます。

原因・病態
この関節は良く動く関節なので、使い過ぎや老化に伴って発症したり、この部の脱臼や骨折後にも起こることがあります。

関節軟骨がすり減り、進行すると関節は亜脱臼してきます。

診断
親指の付け根を抑えると痛みや運動時痛があります。

X線検査で関節の変形があれば診断がつきます。

保存的治療を行います。

投薬、関節内注射、固定装具、温熱療法などは有効です。

固定装具は最低三か月間装着して頂かないと治療効果が出ません。
CM関節CM

コンテントヘッド
top へ戻る