肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

橈骨遠位端骨折

投稿日|2018.12.7

橈骨とは肘から下、手首までの親指側にある長い骨の事です。
転倒などにより強く手をついたときに、手首に近いところで骨折した場合、橈骨遠位端骨折といいます。

この骨が折れたらどうなるのでしょうか?
手首の周囲が腫れ、時には変形します。そして痛みにより手の運動が制限されます。

治療法は?
骨折の変形が軽度の場合は手首から前腕までのギプス固定のみで治ります。
しかし、変形がある場合は整復(骨を元の位置に戻すこと)してからギプスをします。
それでも骨が崩れてしまう場合は手術療法を選択することもあります。

リハビリにどれくらいの期間が必要ですか?
ギプス固定の期間は3~4週間くらいです。その後リハビリを行います。
個人差はありますが、日常生活で支障なく手が使えるようになるまでには1~2カ月くらいかかります。

どんなリハビリをするのでしょうか?
手の動きを戻すために手首を上下左右に動かします。
次に筋肉をつけるため、軽いダンベルなどを使ってトレーニングします。

ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る