肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

手根管症候群

投稿日|2017.3.13

<手根管症候群て何?>
手首のところで神経が圧迫されて起こる病気です。

手のひらの親指側半分を支配する神経は手首にあるトンネルを通ります。

しかし、手をよく使う方や骨折して手首の形が変わってしまった人などでは、トンネルが狭くなってしまい、神経を圧迫することが原因で発症します。

男性よりも女性に多く、年齢は妊娠出産期と閉経期に多いと言われています。

<どんな症状が出るの>
早朝や起床時に特に強い指先の痛みや腫れが多く、ボタン掛けや硬貨・紙幣のつまみが不自由になるなどの症状が出ます。

<どんな治療があるの?>
☆保存的治療(手術をしない治療)

ステロイド注射や消炎鎮痛剤の使用、神経の圧迫を軽減させるための装具による固定療法、ビタミンb12(神経修復薬)・末しょう循環改善薬の内服などがあります。

☆手術治療☆
上記の保存的治療が無効でしびれや痛みが強い場合や、母指球筋(手のひら側の親指の付け根にある筋肉)

の萎縮がある場合にすることがあります。

手術では神経圧迫している原因を取り除きトンネルが広くなるようにします。

コンテントヘッド
top へ戻る