肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

小児肘内障(しょうにちゅうないしょう)

投稿日|2018.12.28

本症は2~5歳までの幼児によくおこる障害です。お母さんが、手または前腕を不意強くひっぱったり、子供どうしで遊んでいて転んだりしたとき急に泣き出し手、肘を動かそうとしません。どこが痛いのか聞くと、肘以外に前腕(腕)や手関節(手首)と答える場合が多く、お母さんが慌てて走ってこられます。よく見ると手や肘にかすり傷がなく、腫れもありません。手指や手首もよく動かすことができますが、肘を動かせると痛いために泣きます。肘には橈骨(とうこつ)を固定している輪状靭帯(りんじょうじんたい)があります。
肘内障とは、輪状靭帯から橈骨が抜け脱臼する病気です。幼児の場合は、輪状靭帯がゆるいために脱臼しやすいのです。
治療は簡単な整復によってすぐ治すことができ、痛みを残すことなく肘をよく動かせるようになります。

注意事項
・小児を持ち上げる際は前腕を持たせないように注意する。
・急激に手を引っ張らないように保護者に注意する。

不明な点等ございましたらスタッフまでお気軽にご相談ください。

コンテントヘッド
top へ戻る