肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

半月板損傷

投稿日|2018.11.19

半月板とは弾力に富んだ線維軟骨でできていて、膝関節の内側、外側の隙間にあり、関節の適合性を良くして安定性を与え、荷重ストレスを吸収分散するクッションの役目もしている三日月形のものです。この半月板は膝にひねりが加わるスポーツ活動で損傷を来すことがあります。内側半月板損傷はスポーツによる外傷で発症することが多く、外側半月板損傷は生まれつき半月板が大きい場合(円板状半月板)に発症することが多いのが特徴です。

症状は??
膝関節部の運動痛、膝が伸びないといった症状が出たり、ひっかっかり感、歩行時に膝が崩れるような感覚を覚えたりすることがあります。

治療は??
・生活指導
痛みを我慢して無理をするのはやめましょう。つまり、スポーツであれば運動レベルを下げ、膝に過大な衝撃がかからないように注意することです。

・薬物療法

・運動療法
膝が痛くて動かせないでいると筋力は低下します。すると膝の安定性が低下し、膝への負担が増加するという悪循環になってしまいます。太ももの前面にある大腿四頭筋、膝の周囲にある筋肉を鍛えることで、膝関節の負担を減らし、痛みを和らげることができます。
また、リハビリ期間中に正しいジャンプや切り返し動作を訓練し身につけることが重要です。

・手術療法
保存療法を行い効果が得られない場合はMRIなどの検査を行い、その結果で関節鏡視下手術が必要となる場合があります。

いずれにしても、早期発見・早期治療が重要です。
上記のような症状に思い当たることがあればスタッフにお気軽にご相談下さい。

ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る