肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

交通事故について・・・  【向日市鍼灸整骨院】

投稿日|2017.4.11

交通事故時についてです。

item.991.0

今回は、事故時の自動車の修理についてです。

物損についての損害賠償は、対物賠償のある任意保険で対応できます。
自賠責保険は適用されませんが、過失のある相手には賠償請求ができます。
ただし、物損事故の場合、慰謝料は原則として認められていません。

*補償額は時価
交通事故で壊れた物品は、時価が補償額になります。加入している保険会社に確認して
みましょう。補償額は過失割合に応じて減額されることもあります。
事故で壊れたという証明のためにも、事故現場では車以外に壊れた物品の写真も撮っておくといいでしょう。

*自動車
〈修理が不可能な場合〉
全損として事故直前の車の時価(同じ車を買い替えるのに要する費用=交換価格、中古市場での価格)が損害額となります。
〈修理が可能な場合〉
修理代が損害額となります。ただし、修理代が車の時価よりも高い時は、時価が損害額となります。
また、修理しても車両価格が下落(格落ち)する場合には、評価額が認められます。
買い替え・修理期間中の代車料やレッカー車代金、保管費、登録・車庫証明などの費用も計上できます。

*自動車以外の物損
店舗など建造物の破損、その修理に関わる休車損害、積載荷物の損害補償など。
PCや携帯電話、腕時計、鞄等々、その他の物も、修理が不可能なものは時価で補償。
※衣類や眼鏡(コンタクト含む)など、事故時に身に着けていた物については人身事故の
補償範囲とみなされて、自賠責保険で賠償されることがあります。

コンテントヘッド
top へ戻る