肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

交通事故 示談のための準備  【向日市  鍼灸整骨院】

投稿日|2017.7.29

交通事故時時の示談のための準備についてです。
item.431.1

*被害者が自分で損害賠償額を試算してみる
まず、事故の状況を正確に把握しておく必要があります。そして、要求すべき損害額を自分で
出してみることです。交通事故の損害賠償額は定型化・定額化が図られています。
計算することで、賠償額の根拠も理解でき、何も分からないまま交渉に臨んで相手の言いなり
になることを防ぐことができます。

*必要な書類をそろえる
損害賠償額を試算することで、どんな資料を入手しなければならないかが分かってきます。
それらは示談交渉の際にも必要となる書類です。
被害者にとって重要なのは、収入の証明と過失の証明になります。特に、収入額の証明は
被害者自身で書類をそろえなければなりません(源泉徴収票や税務申告書など)。
事故状況の証拠となる資料(メモや写真など)も、残っていればそろえておきましょう。
また、示談交渉を開始する前に、交通事故の相談機関を利用してみるのもいいでしょう。

*示談交渉の前に準備しておきたい書類
・交通事故証明書(自動車安全運転センター)
  事故発生の証明、事故状況の確認のために、実況見分調書(検察庁)なども

・診断書と診療報酬明細書(医師、病院)
  治療費の算定、傷害の程度(入・通院期間の証明)

・領収書(各支払先)

・収入証明書(勤務先など)
  給与明細、源泉徴収票、確定申告控えなど
  休業損害証明書(勤務先)なども
  休業損害、逸失利益の算定

・戸籍謄本(市区町村)

コンテントヘッド
top へ戻る