肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

タナ障害

投稿日|2018.11.16

 タナ障害とは、膝関節の中にある滑膜ひだというものが炎症を起こし、膝関節に痛みを生じる障害です。
このひだは膝蓋骨(膝のお皿)の内側に棚の様に張り出してっ見えるので‟タナ”と呼ばれています。
 このタナは正常な人の膝でも約半数にみられ、それ自体は障害の原因にはならないのですが、
スポーツなどで繰り返し膝にストレスが加わったり、打撲などの外傷によって痛みが生じます。
また、タナ自体が異常に大きく分厚い場合、膝の曲げ伸ばしのときに膝関節に挟まったり、こすれたりして痛みを生じます。
 一般には10代の女性に多く見られ、膝の腫れや熱感はありません。特徴的な症状は膝の曲げ伸ばしのときの‟ひっかっかり感”と膝蓋骨の内側の痛み、そして立ったりしゃがんだりするときのパキンという弾発音です。また症状が長く続いていると膝の筋力が低下し、膝がガクッとなるような膝崩れという症状を伴うこともあります。
 治療としては、弾力包帯などで固定を行い、スポーツ活動を中止してできるだけ安静を保ちます。また筋肉が落ちないように太ももの筋力トレーニングやストレッチ、痛みを和らげるための電気治療や消炎鎮痛剤の服用などもあわせて行います。
しかし、数カ月にわたり痛みがよくならない場合や日常生活に支障をきたすようであれば手術を行いタナを切除したほうが良い場合もあります。

不明な点がありましたら、スタッフまでお気軽にご相談下さい。

ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る