肩・腰・首・膝の痛み・スポーツリハビリ・交通事故の治療なら向日市ひろた鍼灸整骨院にお任せください!

ひろた鍼灸整骨院

tel 地図

京都府向日市寺戸町中ノ段3-1 向日町競輪場 東へ50m

コンテントヘッド

シンスプリントのリハビリテーション

投稿日|2019.3.8

シンスプリントのリハビリテーションは一般的に安静保持・物理療法(電気治療)・薬物療法(湿布など)・運動療法とテーピングや足底板療法の組み合わせで、痛みの程度に応じて何種類かの治療法が行われます。まず、障害の程度によってリハビリテーションの流れが決まります。

軽度(運動時痛のみ)
安静期間は圧痛(患部を押した時の痛み)の消失を指標としますが、軽度に限り、非荷重での足関節自動運動を行います。

中等度(運動時痛+歩行時痛)
歩行痛が消失するまで安静期間として、スポーツ活動を禁止とします。

重度(運動時痛+歩行時痛+安静時痛)
歩行痛が消失するまで安静期間として、スポーツ活動を禁止とします。
必要に応じて松葉杖歩行も考慮します。

<痛みが軽度の場合>※下記のメニューは安静期間を終えてから行うものとします。
1 筋力強化
復帰を予定しているスポーツ念頭に入れた運動や、下肢の筋力強化を重点的にバランスを取りながら行います。
2 ストレッチング
特に下肢を重点的にバランスを取りながら行います。
3 アイシング
運動後のクーリングダウンとして患部を15分間行います。

<痛みが中等度・重度の場合>
1 筋力強化
復帰を予定しているスポーツ念頭に入れた運動や、下肢の筋力強化をレベルの軽いものから行い、痛みの再現を認める場合は中止とします。上肢や患部以外の運動は自由に許可します。
2 ストレッチング
痛みのない範囲で下肢を重点的に開始します。
3 アイシング
15分間行います。

<痛みがない場合>
1 運動復帰
痛みの様子を見ながらレベルを上げていきます。
2 ストレッチング
運動の前後に行います。
3 アイシング
運動後のクーリングダウンとして患部を15分間行います。
4 筋力強化
再発予防として続けます。

<運動復帰について>
復帰は自分のペースにあわせて段階的なスケジュールを組み、日常生活で痛みがあるうちは運動を中止します。
痛みがなくなってから徐々に運動を開始し、再発予防のために疲労の程度に応じた運動量のコントロールやトレーニング場所を考慮し、衝撃吸収の高いシューズでトレーニングを試みます。また、回内を減少させる目的で足底板の作成も考慮します。

不明な点等ございましたらお気軽にスタッフにご相談ください。
ひろた鍼灸整骨院最新NEWS
./
コンテントヘッド
top へ戻る